KTV

Uncategorized

フィリピン・マニラ・マラテの歓楽街でKTVを経営!!労働スタイルや性格について!!

最初に店長やママにシステムを任せて決めるというのが一番の失敗でした。これは世界共通の問題ですが、能力がないのに自分をよく見せて報酬を上げようとするゴマすりの手法を使ってくることがあります。私のように右も左も分からない人間はそれに騙されてしまったのです
フィリピンパブへ潜入

フィリピンパブ潜入レポート① リトルマニラ・群馬県太田編 料理もうまかった

タ〇ガーの系列店ユ〇〇ースへ。ユ〇〇ースでは、なんと幸運なことに、おさわりをしても怒らず咎めない素敵な女の子に出会えたので、この運命的な出会いに感謝して彼女を指名♪彼女のナイスな〇〇〇〇を揉みほぐし匂いのパラダイス(匂パラ)を思う存分に堪能しました。そうこうしているうちに、夜も更けてお酒も入らなくなったのでお会計。こうして、3店舗に及んだ太田Pパブ巡りの夜は幕を閉じました。
Uncategorized

闇に葬られたタレント(フィリピーナ)Maricris Siosonの事件

■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■ ■お名前.com  タレントが日本に、着出してから起きた事件は、多数有ったが今回紹介する事件がきっかけで 当時の入国規制が厳しくなったと言われている。福島県東白川郡で起きた闇に葬られたタレン...
スポンサーリンク
フィリピーナの特徴と愛し方

フィリピーナ 特徴と愛し方③ 謝らないフィリピーナ エピソード編

世界で謝らない国No.2フィリピン!! 前回の記事 フィリピーナの魅力について  今回はフィリピーナが謝らないということをメインにお話します!フィリピンの人たちは本当に謝りません。仮に謝るといっても金と権力に謝る!!という感じが見受けられま...
フィリピーナの特徴と愛し方

フィリピーナの特徴と愛し方④ピン中の目覚め?何処からピン中になったか?

━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■ ■お名前.com フィリピン・フィリピーナ中毒=ピン中 前回の記事 フィリピーナは謝らないというお話 今回はフィリピンとフィリピーナを愛してやまない、フィリピン中毒者=ピン中といわれる人達について...
Uncategorized

フィリピン共和国大統領・第16代 ロドリゴ・ドゥテルテ フィリピンのトランプと言われた男

彼は1945年3月28日に、レイテ島の南のマーシンで弁護士の父親と教師の母親から生まれました。父親ビセンテ・ドゥテルテはダバオ州の知事を務め、マルコス政権の時に内務相にも務めていた。母親は権威主義大統領マルコスを追放し、フィリピンに民主的支配を回復させた「人民権力」運動で重要な役割を果たした活動家でした。彼の祖父は中国人系で彼自身も中国を喋れるわけではないが、聴いて理解が出来るようだ。小さい頃はかなりヤンチャだったと言われ、10代は喧嘩ばかりし、何度も警察のお世話になっており、高校は二回退学になっている。その頃のドゥテルテがどんだけヤンチャか分かるエピソードが有ります。同級生に家柄をからかわれ、学校の廊下で銃を発砲する事件を起こしている。そんなヤンチャな彼でも言いたくない過去が有ったみたいです。彼は未成年の時、司祭によって「性的虐待も受けた」と言って、司祭の名前公表している。ドウテルテは最初の奥さん(エリザベス・ジマーマン)と知り合うまで同性愛者だったと言っています。彼は最初の奥さんと知り合って「同性愛を直した」とも言った。
フィリピーナ恋愛実話

フィリピンパブとKEE第一話 フィリピン人との接触(プロローグ)

私は、フィリピンパブでボーイとして働いております。ボーイというのは、キャストとお客様あっての存在。キャストとお客様の過ごす一時のために陰ながら精一杯サービスをご提供する。そんな華やかな夜の世界の黒子なのです。そのボーイである私が、あろうことか、お店のキャストのフィリピーナに熱い慕情を抱くなんて。私の犯したこの罪は許されるのでしょうか。最愛の彼女にはものの見事に、振られましたけどね。フラれてもなお、依然として僕の胸には、熱い何かが渦巻いています。今回からは、私がフィリピンパブで働きながら、あろうことに、お店のフィリピーナに恋に落ちて、フラれるまでのストーリーを恥も外聞もなく書いていこうと思います。
ドキュメンタリー

フィリピン人女性 アイリーンの半生 前編(第一話)フィリピンパブへ出稼ぎ…

今から30年前。時代は1990年。アイリーン初めての日本。日本はバブル真っ只中であり、空前の好景気に沸いていました。当時14歳の彼女は年齢を偽り、ダンサーという形でフィリピンパブでホステスをするタレントとして来日しました。この時代のフィリピンは今よりもはるかに汚職が蔓延しており、全体的に腐敗しておりました。お金さえあれば、大抵のことはなんでもできました。偽造パスポートの作成も容易な事でした。偽装パスパートを手にしたアイリーンがフィリピンの空港を抜けて降り立った日本の空港は林檎の匂いで溢れていて、フィリピンとは比較にならないほど清潔でした。仕事先のお店は新潟県。彼女の滞在先として用意されていた新潟のアパートには、彼女の他に同じ部屋に10人のフィリピン人がいました。ピンク電話と2段ベッドで敷き詰められていたこの部屋でアイリーンは半年間過ごすことになります。そして新潟へ着いたその日の夜から彼女はホステスとしての仕事を開始しました。その日に来た中年のお客に胸を執拗にまさぐられても言葉もわからない彼女はただ笑うことしかできませんでした。アパートに戻ったアイリーンは大粒の涙をこぼしてフィリピンに帰りたいと悲観にくれます。
フィリピーナ恋愛実話

フィリピンパブとKEE第四話「エピローグ」

━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■ ■お名前.com 【前回の話のあらすじ】 フィリピンパブで働くジュンに恋に落ちた私ではあるが、突然彼女に別れを告げられてしまう。 そして彼女には家族がいることもわかってしまった。 彼女は店も辞めて...
フィリピーナの特徴と愛し方

フィリピーナが良く使う 4つの嘘 フィリピン人女性にとってあたりまえ⁉

━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■ ■お名前.com 前回の記事 今回は主にフィリピーナの嘘について書いていきます。 どんな嘘が多いのか知りたい人の為に大公開します!! フィリピンパブ嬢が使う嘘 フィリピンパブで好みの女の子をアフタ...
スポンサーリンク