フィリピン

Uncategorized

フィリピン共和国大統領・第16代 ロドリゴ・ドゥテルテ フィリピンのトランプと言われた男

彼は1945年3月28日に、レイテ島の南のマーシンで弁護士の父親と教師の母親から生まれました。父親ビセンテ・ドゥテルテはダバオ州の知事を務め、マルコス政権の時に内務相にも務めていた。母親は権威主義大統領マルコスを追放し、フィリピンに民主的支配を回復させた「人民権力」運動で重要な役割を果たした活動家でした。彼の祖父は中国人系で彼自身も中国を喋れるわけではないが、聴いて理解が出来るようだ。小さい頃はかなりヤンチャだったと言われ、10代は喧嘩ばかりし、何度も警察のお世話になっており、高校は二回退学になっている。その頃のドゥテルテがどんだけヤンチャか分かるエピソードが有ります。同級生に家柄をからかわれ、学校の廊下で銃を発砲する事件を起こしている。そんなヤンチャな彼でも言いたくない過去が有ったみたいです。彼は未成年の時、司祭によって「性的虐待も受けた」と言って、司祭の名前公表している。ドウテルテは最初の奥さん(エリザベス・ジマーマン)と知り合うまで同性愛者だったと言っています。彼は最初の奥さんと知り合って「同性愛を直した」とも言った。
ブログ

フィリピンの精力食品 バロット早食いチャレンジ企画・アヒルの卵10分で何個たべれるか⁉

10分でバロットを何個食べれるのか!?EL蔵さんの無茶ぶりから始まったこの珍企画。フィリピンの珍味バロット(孵化直前のアヒルの卵)を10分の制限時間内に何個まで食べれるかという企画にチャレンジしてみた次第です。バロットには滋養があるようなので、食後、私の息子が盛んになるか心配でしたが案外、そんなこともなかったですね ^^)さて、醤油、塩、ケチャップ、マヨネーズ、タバスコ、七味唐辛子といった調味料を並べて、大皿に山盛りのバロットを前にいざスタート。一つ目のバロットは、通の人が良く飲むのですが、卵の中のスープ(雛の排泄物らしい。)を飲んでから塩をつけて頂きました。ん??((-_-;)生臭い。硫黄のような匂いも鼻に広がります。日本で嫌いな食べ物が少ないという人も初めてこれを食べたら高確率で戸惑う味です。
時事・ニュース

フィリピン時事・ニュースまとめ(2021.1.5~2021.1.12)

国家・都市比較統計サイト「ナンベオ・ドット・コム」(本部・セルビア)の2020年半ば実施の国別調査によると、渋滞のひどさでフィリピンが84カ国中ワースト9位となりました。東南アジア諸国連合(ASEAN)の主要6カ国の中では最悪となり、首都圏やセブ都市圏などを中心としたフィリピンの渋滞状況の深刻度を浮き彫りにしています。ASEAN主要国でフィリピンに次いで渋滞が深刻だったのはインドネシア(12位)で、以下はタイ(20位)、マレーシア(23位)、シンガポール(35位)、ベトナム(63位)と続いています。
フィリピーナの特徴と愛し方

フィリピーナの特徴と愛し方⑥ フィリピン人に魅了されハマる人達

ハマる人達にとっては、それだけフィリピーナは魅力的だということでしょう。その魅力に狂わされたと言っても過言ではないでしょう。ハマっている人たちは、少し自制のブレーキをかけながらハマることをおススメします。しかしそれができればハマらないのですが・・・ハマるのは大歓迎ですが、くれぐれも身を滅ぼさないようにご注意ください。
フィリピーナの特徴と愛し方

フィリピーナ 特徴と愛し方② フィリピーナの魅力 40代・50代・60代必見

前回の記事では、ピナにはうそつきが多いなど書きましたが、今回はピナの魅力について書きたいと思います!! 特に40代・50代・60代の方は必見です!! ピナには果てしない夢あります!! ※記事内容はあくまでも...
フィリピーナの特徴と愛し方

フィリピーナ 特徴と愛し方③ 謝らないフィリピーナ エピソード編

世界で謝らない国No.2フィリピン!! 前回の記事 フィリピーナの魅力について  今回はフィリピーナが謝らないということをメインにお話します!フィリピンの人たちは本当に謝りません。仮に謝るといっても金と権力に謝る!!という感...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました