フィリピン

フィリピンパブへ潜入

フィリピンパブ潜入レポート① リトルマニラ・群馬県太田編 料理もうまかった

タ〇ガーの系列店ユ〇〇ースへ。ユ〇〇ースでは、なんと幸運なことに、おさわりをしても怒らず咎めない素敵な女の子に出会えたので、この運命的な出会いに感謝して彼女を指名♪彼女のナイスな〇〇〇〇を揉みほぐし匂いのパラダイス(匂パラ)を思う存分に堪能しました。そうこうしているうちに、夜も更けてお酒も入らなくなったのでお会計。こうして、3店舗に及んだ太田Pパブ巡りの夜は幕を閉じました。
事件・犯罪

フィリピンで遺体がバラバラに放置された殺人事件 チョップチョップレディー 第三弾

rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0dc38e02.6d915685.0dc38e03.5805a1de";rakuten_items="ranking";rakuten_genreId...
事件・犯罪

茨城女子大学生殺人事件 容疑者はフィリピン人3名 13年後に解決

2004年1月31日、茨城大学の農学部2年生で21歳の原田実里(みさと)さんが美浦村舟子地内(ふなこちない)の清明川(せいめい)において遺体で発見された。彼女は大学のトライアスロン部のマネージャーをしながら、学生連合・総務副委員長に内定する...
スポンサーリンク
事件・犯罪

ニダ・ブランカ 1950年代に映画で成功を収めたフィリピンの女優

ニダ・ブランカの生い立ちと経歴 ニダ・ブランカは1950年代に映画で成功を収めたフィリピンの女優です。本名はドロシー・ギント・ジョーンズ。テレビでは1973年から1990年に放送されたホームコメディ「ジョン・エン・マーシャ」に出演し、さら...
Uncategorized

久しぶりのフィリピン INマラテ(三大ストリート)2年前とは大きく変化

rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0dc38e02.6d915685.0dc38e03.5805a1de";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreI...
Uncategorized

猟奇殺人 フィリピン人女性の脳ミソを食らう男 ロイド・バクトン

この男は脳ミソをご飯の上にトッピングして食べた男です。2019年12月5日、フィリピン・ミンダナオ島でロイド・バクトンは墓地で酔っ払っていた所に、女性から話しかけられます。彼女は気を使って英語で話しかけると。ロイド・バクトンは、逆上しだし彼女と口論になりました。この時、周りの住民が墓地で女性と、口論しているバクトンが見かけられています。この後、バクトンは女性を金属製の棒で殴打し、サンゴットと呼ばれる鎌みたいな物で、頭部を切り取って自宅に持ち帰りました。バクトンは酔っ払っていてお腹が空いて居たのでご飯を炊いて脳ミソをトッピングして食べたと言われています。食べ終わった頭部は、家の近くの穴捨てました。捕まった後、バクトンを移送中に車のタイヤがパンクして停車した所、バクトンがトイレに行きたいと言うので、警察官は手錠を外すとバクトンは警官の拳銃を奪い発砲しますが誰にも当たらず、結局もう一人の警官が3発発砲し死亡しました。バクトンは精神異常歴があり、逮捕後、精神鑑定を受ける予定でしたが死んでしまった為、行われなかったです。バクトンの人生は呆気なく幕を閉じてしまいました。
事件・犯罪

猟奇殺人 フィリピンラグーナ州で極悪町長といわれた強姦男 禁固280年

1993年6月、ラグナ州カラウアン町長のアントニオ・サンチェス元町長は、当時フィリピンの大学生アイリーン・サルメンタとボーイフレンドの同じく学生のアラン・ゴメスを、地元警察を使って拉致します。拉致された二人は、町長が所有うするバランガイの農場に運ばれます。アイリーンは町長の元に連れて行かれ、地元警官は町長に「贈り物です」「彼女はすべてあなたのものです」と言った。その後彼女を、強姦し取り巻きに返すと取り巻き立ちによって集団レ〇〇されます。レ〇〇が終了するとアイリーンとアランは射殺されます。この事件によってアントニオ・サンチェスは禁固280年の刑期を課せられます。2020年、コロナ渦の影響でフィリピン政府は、約11000人の受刑者を仮釈放すると発表、その中に、25年服役中のアントニオ・サンチェスが入ってて大きな問題になった。ドゥテルテ大統領はこれに対し激怒、未だにサンチェスは檻の中である。余談ですがサンチェスは、コロナに感染してニュービリビッド刑務所で隔離されていた。今はもう出てきたと思います。人を2人殺してレイプまでして25年で仮釈放とは、さすがフィリピンと思ってしまった。実際には出ていないが、フィリピンなら出れてしまうのかなと思うと怖い国だなと思う。
Uncategorized

フィリピンラボ 猟奇殺人 マーク・ディゾン 知り合いや友達を射殺した男

フィリピン ラボ 猟奇殺人 マーク・ディゾン 知り合いや友達を射殺した男 マーク・ディゾンは裕福な家柄に生まれ何不自由なく育ちました。 2010年7月12日アンヘレスのホテルに侵入し強盗殺人 カナダ人と彼女を射殺 ...
事件・犯罪

フィリピンで遺体がバラバラに放置された殺人事件 チョップチョップレディー

1961年にパンパンガを離れ、彼女はマニラに向かい警察で許可を得て、ウエイトレスとして仕事始める。その後、警察官のアニアノ・ベラと出会う。彼は既婚男性だったが内縁関になる。フィリピンは離婚の概念があまりなく結婚はするものの、離婚してないケースが多々あった。クリスチャンと言う理由もよく聞く。離婚に莫大な金がかかるともいう。その後アニアノ・ベラとルシア・ラルは子供授かりました。
事件・犯罪

フィリピンで話題になったあの事件・死刑論争にまで発展し今でも争われている【その壱】

しかし、この後2019年6月に彼は無罪を主張している。彼の弁護士であるマヌエル・デゴラシオン弁護士は、事件を殺人に格下げすることを期待して、レネスは無罪の嘆願書を書かせた。無罪を主張することにより、裁判所はもう一度起訴を審理し、クリスティンの殺害が殺人と見なされるための要件を満たしているかどうかを判断すると述べた。レネスはその時麻薬を飲んでいて、降伏したと言いました。量刑を軽くするために無罪を主張。無罪の嘆願を入力することによってレネスの罰を緩和することだけを望んでおり、レネスの以前の自白は撤回されていなかったことを強調した。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました