マゼラン

フィリピンの歴史

フィリピンを見つけた男・マゼランの最後の1か月間 フィリピン人なら知らない人はいない

マゼランは49人という少ない兵にもかかわらず戦闘に突入。これは完全に現地の人をなめてますね!これに対してラプラプ王側は1500人でマゼラン側を向かい打ちます。マゼラン側の船は岸から離れているので大砲は届かない上にラプラプ王側は火縄銃を防ぐために大きい盾で身を隠しながら矢に竹やりに棍棒、石と泥を雨霰と投げつけてきました。これにはマゼラン側もひとたまりもありませでした。30倍の数の敵に対しマゼランの兵はやがて敗走、マゼランの周りには6、7人ほどが踏みとどまって戦うだけになります。しかし多勢のラプ=ラプ王の兵の竹槍はマゼランたちの甲冑には中々通じずに、戦いは1時間に及びました。マゼランここで粘り強く戦います。でも重い鎧をまとって1時間も戦うなんてすごく疲れそうですね(;^ω^)
Uncategorized

フィリピン時事・ニュースまとめ(2021.1.13~2021.1.18)

ドゥテルテ大統領が副大統領候補にロムアルデス氏を推薦(2021.1.13)1年半後の副大統領選挙の候補に下院与党院内総務のマーティン・ロムアルデス議員を推薦している。大統領候補には娘のサラ、ボクシング世界王者のパッキャオ、側近のボン・ゴーが推されている。中でも娘のサラが最有力候補と見られている。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました